ターミナル再建計画発表 2030年完成予定 <マンハッタン>

ニューヨーク・ニュージャージー港湾局は21日、マンハッタン区ミッドタウンのポート・オーソリティー・バスターミナルの再建計画を発表した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

1950年に建設されて老朽化した同ターミナルは長年、市内の公共空間の中で最悪の場所の一つと考えられていた。

現ターミナルの営業を停止せず、既存のビルを解体して通勤客用の新ターミナルを建設し、「ミッドタウン・バスターミナル」と改名する計画。さらに、9と10アベニュー間に長距離を含むバス発着のビルを建設して、混雑緩和のため新たな進入ランプを建設し、リンカーントンネルから直接乗り入れを可能にするという。数十億ドルの建設費を要する新ターミナルは、2030年までに完成する見通し。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。