再生可能エネルギー事業 州知事が着手 <オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は13日、今年州が開始する予定の、260億ドル規模の再生可能エネルギー事業100件について、民間部門とのパートナーシップを採用すると発表した。同日付amニューヨークが伝えた。

これらの事業は、沖合の洋上風力発電所や太陽光発電所の新設により、コロナ禍で失業した州民に対して雇用を創出することを目的としている。アップステートでは1万1000人、ニューヨーク市から約50キロ圏内では最大1万7000人の雇用創出が見込まれている。

州が投入する資金1ドルに対して3ドルの民間投資が行われ、州内の約120万世帯に再生可能エネルギーを供給。風力発電所はジョーンズビーチ沖やモントーク沖などに建設される予定。

同知事は、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長らが提唱する、カナダからの水力発電による電力の購入に批判的であり、再生可能エネルギー事業に必要な土地はアップステートにあると主張している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。