ヤン氏が市長選に出馬 大胆な改革案を発表 <マンハッタン>

2020年大統領選の民主党予備選に出馬したアンドリュー・ヤン氏(46)が13日、ニューヨーク市長選出馬を正式に表明し、翌14日にはアッパーマンハッタンで選挙運動を開始した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同氏は14日、妻と息子2人を伴って群衆の前に現れ、「大胆なアイデア」と「新鮮なアプローチ」でコロナ禍の市を再生させると公約。経済格差の拡大を指摘し、当選したら全米で最大規模の最低所得保障政策を実施して、支援を必要とする人々への即時支援を行うと述べた。さらに、急増している犯罪やNYPDの市民権侵害にも取り組んでいく他、公共交通機関の改善についても公約した。

同氏はオールバニ近郊のスケネクタディー市生まれで、21歳から現在までマンハッタン区在住。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。