橋にバスぶら下がる 運転手含む8人がけが <ブロンクス>

ブロンクス区でMTAのバスが14日午後11時ごろ、車道から飛び出し、同区を横断するクロスブロンクス・ハイウェーの陸橋からぶら下がる事故が起きた。乗客と運転手らが負傷し、病院に搬送された。15日付CBSニューヨークが伝えた。

FDNYによると、事故が起きたのはユニバーシティーアベニューとクロスブロンクス・ハイウェーが交差する地点で、2両連結のMTAバスBX35が高速道路の陸橋の障壁を飛び出し、約15メートル下の道路に向かってぶら下がった。運転手を含む8人が負傷し、MTAは運転手が乗客の救出に大きく貢献したと発表。翌15日午前6時ごろ、バスはクレーンで回収された。

MTAによると、バスは178ストリートとブロードウェー付近にある停留所に向かう途中で、ランプに向けて左折するはずのところを道路から飛び出した。左折する際に時速5〜6キロに減速するはずが、時速27キロ以上のスピードが出ていたという。運転手は11年間勤続しており、これまで無事故だったという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。