司法長官がNYPD追訴 BLM運動での違反を報告 <マンハッタン>

ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官は14日、NYPDを訴追した。昨年夏に広まった公民権侵害に続いて、NYPDを監視するための連邦監督機関の設置が目的である。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同司法長官の行動は、ニューヨーク市を昨年揺るがした、ジョージ・フロイドさん殺害を受けた抗議運動(BLM)の参加者に対するNYPDの対応についての議論を再燃させることになる。

市捜査局は先月、NYPDの対応の不備を指摘し、大規模な監視および手続き上の改革を求める、衝撃的な報告を発表した。

同司法長官は訴状の中で、人種間の平等を求める最近の抗議活動の間、そして、過去何年にもわたるNYPDの市民に対する違法で有害な行為について概説。155件に及ぶ事件について述べた上で、これらの行為は「深刻な市民の負傷につながり、平和的に抗議する個人の基本的権利を侵害した」と語った。

さらに、同司法長官はNYPDの他、ダーモット・シアNYPD本部長、テレンス・モナハン局長らNYPDの最高幹部、そしてニューヨーク市とビル・デブラシオ市長も追訴。「市民の権利を侵害する行為を防ぐために、長い間適切な訓練・監督・懲罰を怠っていた」と指摘している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。