モールで爆弾デマ 自首してきた男を起訴 <クイーンズ>

NYPDによると5日、クイーンズ区エルムハーストのモールで偽の爆弾を車中に置いた男が、自首したことがわかった。同日付PIX11が伝えた。

ルイス・シェンカー容疑者(22)は4日、クイーンズ・プレース・モールの駐車場に、黒のテスラを停車して現場を離れた。車中に爆発物のような装置が発見されたことから、モールは午前7時30分に退避対象となった。車はネバダ州のナンバープレートで、車中からは同州で盗難届が出されていたハスキー犬も発見された。

同容疑者は5日午後3時ごろ、ブルックリン区で警察に自首。不審な装置は、「車のバッテリーを充電するための装置だった」と主張している。

検察は同容疑者を偽造爆弾の設置、盗難物の違法所持、障害を持った動物の遺棄などの罪で起訴する予定。被害届の出ていたハスキー犬は無事だった。

SNS上で「愛国者」を自称し、トランプ大統領の支持者を名乗る同容疑者は昨年12月30日、マンハッタン区で警察のバリケードに貼られたポスターに放火した疑いで逮捕された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。