日本の水際対策が強化 NYからの入国は72時間前に検査

1月4日、ニューヨーク州サラトガスプリングスの宝石店にて、新型コロナウイルスの変異種の感染ケースが確認された。これを受けて、日本政府は検疫強化の対象国・地域に、日本時間1月5日付でニューヨーク州を追加指定した。

ニューヨーク州(※日本時間1月9日午前12時以降に到着の便)、コロラド州、カリフォルニア州、ニューヨーク州のいずれかから日本に渡航する際は、日本国籍であっても、搭乗の72時間以内に検査を受け、陰性であることの証明書を医療機関から発行してもらう必要がある。証明できない際は、検疫所が確保する宿泊施設で、14日間の待機をしなければならない。

今後、上記以外の州からの渡航者にも、順次同様の措置が取られる見通し。

在ニューヨーク日本国総領事館によると、米国出国前の検査証明では、所定のフォーマットでの提出が原則。現地医療機関が記入したものに、医師の署名または押印が求められる。対応する医療機関がない場合は任意のフォーマットも可能で、次の内容を英語で記す必要がある。

①人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)
② COVID-19の検査証明内容(検査手法<所定のフォーマットに記載されている採取検体・検査法に限る>、検査結果、検体採取日時、検査結果決定の年月日、検査証明交付の年月日)
③医療機関などの情報(医療機関名または医師名、医療機関の住所、医療機関の印影または医師の署名)

詳細は外務省のウェブサイト(mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html)を参照。

なお、今回サラトガスプリングスで感染が認められたのは60代の男性で、直近でのイギリスの渡航歴はない。

(※画像はイメージです)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!

Vol. 1096

屋内飲食が本格スタート!市内飲食店の今

予想以上に苦境が続く、ニューヨーク市内の飲食業。屋内営業の現状はどのようなものだろう?