ファッション界に激震 人身売買の疑いで大物を起訴 <マンハッタン>

ニューヨーク南部地区の連邦検察当局は、カナダのファッション界の大立者であるピーター・ナイガード氏(79)を、長年にわたり数十人の少女や女性を人身売買し、性的暴行を加えたという疑惑の捜査に関連して起訴した。15日付NBCニューヨークが伝えた。

婦人服ブランド、ナイガード・インターナショナルの創立者であるナイガード被告は14日夜、カナダで身柄を拘束されて恐喝やその他の犯罪でも起訴された。

同被告は、若い貧困女性に現金とモデル採用の約束を持ち掛けて、バハマ諸島の別荘に誘い、人身売買と性的暴行を行ったとして今年初め、10人の女性に集団訴訟を起こされた。

FBIとNYPDはこの訴えを受けて2月、マンハッタン区タイムズスクエアにあるナイガード社のニューヨーク事務所を捜索。

原告の数人は、14〜15歳の時に同被告にアルコールまたは薬物を与えられ、性的暴行されたと主張している。この集団訴訟には、57人の女性が参加している。被告は全ての容疑を否認している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。