雑木林で兵士の遺体発見 別兵士を殺害容疑で勾留中 <ニュージャージー>

ニューヨーク州北部の国境に近い、フォートドラム陸軍基地配属の行方不明になっていた兵士の射殺死体が、ニュージャージー州サセックス郡バイラムの雪の積もった雑木林で発見された。同郡当局が21日に発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

テネシー州出身の20歳の兵士、ヘイデン・ハリスさんは17日夜、同僚の兵士と「ある車種の車の交換」をするために、フォートドラム基地からマサチューセッツ州ウォータータウンへ向かって以来、消息を絶っており、19日に遺体が発見された。

当局は、ハリスさんが17日夜に会うはずだった別の兵士、ジャマール・メリッシュ容疑者(23)が、ハリスさんを誘拐・殺害したとみている。

同容疑者は、ニューヨーク州で身柄を拘束されており、「ハリスさんとシボレーのピックアップ・トラックと交換することになっていた」と述べた。

ハリスさんは陸軍功労勲章、国防従軍章などの受賞歴があり、昨年7月に同基地に配属され、死後に伍長に昇進した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。