タイムズスクエアで抗議 飲食店救済を呼び掛ける <マンハッタン>

マンハッタン区タイムズスクエアでは15日、新型コロナ感染再拡大に伴い、飲食店での屋内営業が再び禁止されたことに対して、経営者や従業員多数が抗議を行い、連邦政府の支援を求めた。同日付CBSニューヨークが伝えた。

抗議活動の参加者らは3アベニューにあるアンドリュー・クオモ知事の事務所に向けて行進し、包括的な救済措置を要求。米議会に対して、全米の飲食店救済を目的とする1200億ドル規模の法案通過を求めた。また同日、大雪のため屋外営業も休業を強いられ、状況はさらにひっ迫した。

業界団体によると、市内飲食店1000店以上がコロナ禍で閉店。営業中の店舗も従業員の大幅解雇を行い、約88%が数カ月間、家賃を全額支払うことができずにいるという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。