2度目の給付金が実現見込み 1人あたり600ドル<全米>

21日、約1兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案に与野党が合意し、22日(月)に可決見込みとなった。アメリカ市民1人当たり600ドルの追加給付金も盛り込まれる。21日付NBCニューヨークが伝えた。

失業保険受給者には、失業保険に上乗せで300ドルが、11週間分支払われる予定。ただし、給付金の支払いには数週間かかるとされる。

米国での失業者は増加の一途を辿っており、今月26日(土)には約1200万人の失業保険の受給が終わるとの報道も出ている。

(画像はイメージです)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。