2度目の給付金が実現見込み 1人あたり600ドル<全米>

21日、約1兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案に与野党が合意し、22日(月)に可決見込みとなった。アメリカ市民1人当たり600ドルの追加給付金も盛り込まれる。21日付NBCニューヨークが伝えた。

失業保険受給者には、失業保険に上乗せで300ドルが、11週間分支払われる予定。ただし、給付金の支払いには数週間かかるとされる。

米国での失業者は増加の一途を辿っており、今月26日(土)には約1200万人の失業保険の受給が終わるとの報道も出ている。

(画像はイメージです)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?