2度目の給付金が実現見込み 1人あたり600ドル<全米>

21日、約1兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案に与野党が合意し、22日(月)に可決見込みとなった。アメリカ市民1人当たり600ドルの追加給付金も盛り込まれる。21日付NBCニューヨークが伝えた。

失業保険受給者には、失業保険に上乗せで300ドルが、11週間分支払われる予定。ただし、給付金の支払いには数週間かかるとされる。

米国での失業者は増加の一途を辿っており、今月26日(土)には約1200万人の失業保険の受給が終わるとの報道も出ている。

(画像はイメージです)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。