タイム誌の「今年の人」 次期大統領ら選ばれる <マンハッタン>

ニューヨークに本社がある米タイム誌は10日、年末恒例の「今年の人」に、ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス次期副大統領を選んだ。11日付CNNが伝えた。

両氏は先月の米大統領選でトランプ大統領を破り、ハリス氏は米国で初の女性で、黒人、南アジア系の次期副大統領となった。同誌のエドワード・フェルゼンタール編集長は選定理由として、「米国のストーリーを変え、共感の力が分断の猛威よりも強いことを示し、悲嘆に暮れる世界に癒やしのビジョンを共有した」と述べた。

「今年のビジネスパーソン」には、コロナ渦で利用が飛躍的に拡大した、ビデオ会議システム大手ズームのエリック・ヤン最高経営責任者(CEO)を選出。「今年の守護者」には、フランスのアサ・トラオレさんやウィスコンシン州ケノーシャのポルシェ・ベネット・ベイさんら人種平等のために活動する人の他、新型コロナと闘う最前線の医療従事者、米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長が選ばれた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。