タイム誌の「今年の人」 次期大統領ら選ばれる <マンハッタン>

ニューヨークに本社がある米タイム誌は10日、年末恒例の「今年の人」に、ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス次期副大統領を選んだ。11日付CNNが伝えた。

両氏は先月の米大統領選でトランプ大統領を破り、ハリス氏は米国で初の女性で、黒人、南アジア系の次期副大統領となった。同誌のエドワード・フェルゼンタール編集長は選定理由として、「米国のストーリーを変え、共感の力が分断の猛威よりも強いことを示し、悲嘆に暮れる世界に癒やしのビジョンを共有した」と述べた。

「今年のビジネスパーソン」には、コロナ渦で利用が飛躍的に拡大した、ビデオ会議システム大手ズームのエリック・ヤン最高経営責任者(CEO)を選出。「今年の守護者」には、フランスのアサ・トラオレさんやウィスコンシン州ケノーシャのポルシェ・ベネット・ベイさんら人種平等のために活動する人の他、新型コロナと闘う最前線の医療従事者、米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長が選ばれた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。