受刑者に虐待と性的行為 元矯正官に刑宣告<マンハッタン>

ニューヨーク州南部地区検事局は8日、受刑者に虐待的な性的接触を行ったとして、マンハッタンのメトロポリタン矯正センター(MCC)の元矯正官に、懲役40カ月が宣告されたと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

ニュージャージー州アービントンに住むコリン・アクパランタ被告(44)は、受刑者の虐待的な性的接触および受刑者の憲法上の権利をはく奪した罪に対して有罪を認めた。

また同被告は、他にも6人の受刑者に虐待的な性的接触を行い、7人全員と性的行為を行ったことを認めた。

検察官によると、同被告は2004年にMCCの刑務官として雇用された。

起訴状によると、同被告は2012〜18年4月までの間、「管理・監督および懲戒の権限」をかさに、受刑者らに性的行為を強要していた。

同被告はさらに、一部の受刑者に対して、衛生用品や化粧品、食品や禁制品などをMCCに持ち込み、これらと引き換えに受刑者に性行為を継続させていたという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。