90年の歴史に幕 「21クラブ」営業停止を発表 <マンハッタン>

マンハッタン区ミッドタウンウェストの老舗レストラン「21クラブ」が、無期限で営業を停止すると発表した。13日付amニューヨークが伝えた。

バルコニーに飾られた多数のジョッキーの人形をトレードマークとする同店は、新型コロナ感染拡大の影響で3月中旬から休業していた。

同店は、「進行中の世界的危機と回復の長期化が予想される状況を考慮し、現在の形での営業再開は当分の間、実現不可能との判断に至った」と発表した。

同店は1930年の禁酒法下に開店。酒を隠していた場所はワインセラーとなり、女優のエリザベス・テイラー、ニクソン元米大統領らのワインコレクションを預かっていた。トレードマークのジョッキーの人形は、常連の1人が寄贈したのが始まりで、全部で35体ある。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。