NJのペン駅改修へ 1億9000万ドル投資 <ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は8日、およそ1億9000万ドルを掛けて、同州ニューアーク・ペンステーションを改修・改良することを発表した。同日付PIX11が伝えた。

同知事によると、3000万ドルの予算で行われる修復と改修作業はすぐにも始まるという。改修作業には、今後5年間で合計1億6000万ドルが費やされる予定。工事に掛かる費用は州によって提供される。

改修の第一段階では、待合室のクラシックベンチの復元、明るい照明の設置、トイレ設備のリニューアル、空調設備の改善、外装の徹底的な掃除などが行われる。

長期的な改修では、駅の開放性と利用者の体験の改善に焦点が当てられる。コンコースには同駅を利用することが目的となるよう、レストランやショッピングエリアが追加される。

1935年に開業した同駅には、NJトランジットの通勤電車、ニューアーク・ライト・レール、パストレイン、アムトラックが乗り入れ、主要バスターミナルとして機能している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。