広大な邸宅でパーティー 運営会社が利用禁止に <ロングアイランド>

先月30日未明、ロングアイランドの邸宅で大規模なパーティーを開いたとして告発されたパーティー主催者が、今月4日、邸宅を貸し出した民泊運営代行業者「Airbnb」に利用禁止を言い渡された。4日付NBCニューヨークが伝えた。

新型コロナ感染再拡大を受けて、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカット州では10人以上の屋内集会が禁止されている。しかし、ロングアイランドのサフォーク郡警察は、同郡ブルックヘブンのホーキンス湖にある約460平方メートルの邸宅で、大規模なパーティーが行われているという複数の通報を受けた。現場に向かったところ、400人が集まっていたのを発見した。

Airbnbは邸宅を借りたパーティー主催者に対し、無断で違法な集会を開催して同社のサービス規約に違反したとして、「法的措置」を追求する意向を通知したと発表。

同社はこうしたパーティーの開催を防ぐため、「大みそかの予約について、肯定的なレビュー履歴がない利用者は予約不可能になる」と発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。