トルコから出産旅行 詐欺容疑と併せて起訴 <ロングアイランド>

米司法当局は2日、トルコからロングアイランドへの不正な「出産旅行」と資金洗浄に関連して、査証詐欺、医療詐欺、通信詐欺、資金洗浄などの罪で、容疑者多数を訴追したと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

被告らは、2017年から20年までの間に、トルコ人妊婦を観光ビザなどで不正入国させ、ロングアイランドのサフォーク郡にある、7か所の「出産所」に宿泊させた。

これにより、100人以上のトルコ人の子供が、米国で生まれ、米市民権を取得した。

被告らは、妊婦の名前で公的医療保険「メディケイド」に虚偽の申請を行った。メディケイドは、計210万ドル以上を妊婦らに給付している。妊婦から約75万ドルを手数料として徴収した上で、その一部をトルコ国内の銀行に送金していた。

被告らはトルコ語のウェブサイトを通じて、生まれてくる子供の米市民権申請手続きを代行すると宣伝し、「出産旅行」参加者を募集していたという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。