ぜんそくで子ども2人死亡 新型コロナ恐れ病院行かず <ウェストチェスター>

ニューヨーク州ウェストチェスター郡保健局は2日、2人の児童がぜんそくで死亡したことを受け、コロナ禍でも医師の診察を受けることを呼び掛けた。同日付CBSニューヨークが伝えた。

同郡の児童の死亡率調査チームの報告によると、2人の学齢期の児童がパンデミック開始以来、医師の診察を受診せず、ぜんそくによってここ数カ月の間に死亡したという。

同郡のシェルリータ・アムラー保健委員は、「一部の親は診療所に行かないことで子供たちをコロナから守っていると信じているが、慢性的な病状に対してはリスクが高い」と話した。

同郡は、「2人のぜんそく患者の死亡は、犠牲者がコロナ感染に限らないことを示す」といい、医師の診察を受けるよう忠告した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。