ぜんそくで子ども2人死亡 新型コロナ恐れ病院行かず <ウェストチェスター>

ニューヨーク州ウェストチェスター郡保健局は2日、2人の児童がぜんそくで死亡したことを受け、コロナ禍でも医師の診察を受けることを呼び掛けた。同日付CBSニューヨークが伝えた。

同郡の児童の死亡率調査チームの報告によると、2人の学齢期の児童がパンデミック開始以来、医師の診察を受診せず、ぜんそくによってここ数カ月の間に死亡したという。

同郡のシェルリータ・アムラー保健委員は、「一部の親は診療所に行かないことで子供たちをコロナから守っていると信じているが、慢性的な病状に対してはリスクが高い」と話した。

同郡は、「2人のぜんそく患者の死亡は、犠牲者がコロナ感染に限らないことを示す」といい、医師の診察を受けるよう忠告した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。