数百時間の残業を虚偽 MTA従業員ら5人を起訴 <マンハッタン>

MTAの現役職員4人と元職員1人が、数百時間にわたる虚偽の残業を申請して詐欺罪で起訴された。3日付ABC7ニューヨークが伝えた。

起訴されたのはニューヨーク市交通局とロングアイランド鉄道の職員で、自宅にいる間や休暇中も賃金を得ていた。

検察当局によると、被告らは物理的に不可能な時間の残業を申請して、MTA全体で最も高水準の賃金を得ていた。FBIは、被告の1人は10時間の残業を1年間毎日申請していたと指摘。被告5人で合わせて100万ドル以上の残業手当を得ていたと述べ、うち1人は2018年に46万1000ドルという、MTA会長よりも高額な賃金を支給されていた。

MTA監察官は、携帯電話の位置情報、銀行口座記録、MTAビルの入館カードデータ、電子メール、SNSなど、さまざまな情報を比較して、被告人らが実際にいた場所を確定。被告人らはそれぞれ、MTAに提出した記録では勤務していたはずの数百時間、職場にいなかったという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。