数百時間の残業を虚偽 MTA従業員ら5人を起訴 <マンハッタン>

MTAの現役職員4人と元職員1人が、数百時間にわたる虚偽の残業を申請して詐欺罪で起訴された。3日付ABC7ニューヨークが伝えた。

起訴されたのはニューヨーク市交通局とロングアイランド鉄道の職員で、自宅にいる間や休暇中も賃金を得ていた。

検察当局によると、被告らは物理的に不可能な時間の残業を申請して、MTA全体で最も高水準の賃金を得ていた。FBIは、被告の1人は10時間の残業を1年間毎日申請していたと指摘。被告5人で合わせて100万ドル以上の残業手当を得ていたと述べ、うち1人は2018年に46万1000ドルという、MTA会長よりも高額な賃金を支給されていた。

MTA監察官は、携帯電話の位置情報、銀行口座記録、MTAビルの入館カードデータ、電子メール、SNSなど、さまざまな情報を比較して、被告人らが実際にいた場所を確定。被告人らはそれぞれ、MTAに提出した記録では勤務していたはずの数百時間、職場にいなかったという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。