不適切指示に非難殺到 ジェッツ、スタッフを解雇か? <ニュージャージー>

NFLのニューヨーク・ジェッツは6日、ニュージャージー州のメットライフスタジアムで行われたラスベガス・レイダースとの試合に、守備コーディネーターの不適切な指示が原因で31対28で敗北した。7日付NBCニューヨークが伝えた。

ジェッツの今シーズンの成績は0勝12敗で、6日の試合終了直前には初勝利間近と見えたが、守備コーディネーターのグレッグ・ウィリアムズ(62)が不適切な総攻撃のプレーコール(指示)を出したため、レイダースが残り5秒でタッチダウンパスを決め、同チームの勝利に終わった。同氏の指示は、ファンやメディアだけでなく、ジェッツの選手からも激しく批判されたという。

消息筋は、ジェッツは同氏を解雇したとメディアに述べたが、同チームからの発表はない。

同氏は過去2シーズン、守備コーディネーターを務め、攻撃的守備を指示するコーディネーターとして知られてきたが、今年のジェッツは総合守備でNFL全32チーム中29位、得点防衛で30位と苦戦している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。