NYでの屋内飲食に新たなルール 完全禁止の可能性も

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は7日、感染拡大のための新たな防止策として、州内の屋内飲食にさらに厳しい規制を設けることを発表した。7日付NBCニューヨークが伝えた。

感染者数が急増しているニューヨーク市については、新規入院件数が7日時点から5日間以内に安定しない限り(=5日間で件数が増加し続ける限り)、屋内飲食を完全に禁止するとしている。その他の州の地域については、同じく新規入院件数が安定しない場合、定員を現在の50%から25%に縮小する。

7日時点での陽性件数(7日間平均)は、ニューヨーク市が4%で州内最低(ただしスタテンアイランドは6.4%)。州内で高い数値を記録している地域は、フィンガーレイクス(7%)、モホークバレー(6.5%)、ミッドハドソン(6%)など。

また州内全域での新規死亡件数は、7日時点で80件を記録。過去数カ月で最も高い数値となった。

(※画像はイメージです)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。