市が通信大手と合意 供給不足解消を狙う<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は先月24日、インターネットサービスの供給が遅れている地域を優先し、約50万世帯に光ファイバーケーブルを導入することで、通信大手のベライゾン社と合意したことを発表した。同日付ニューヨーク・ポストが伝えた。

同市長政では2017年、「同社のFiOSケーブルとインターネットサービスが、同市の要求通りに市内全域に導入されなかったことで、何百万人もの市民の信頼を壊した」として訴えていた。

マンハッタン高位裁判所の訴訟では、ベライゾン社が、ブルームバーグ市政の下で2008年に署名した12年契約にある「2014年までに光ファイバーケーブルネットワークを市内全ての人が利用できるようにする」という約束を破ったと、同市が主張している。

同市長は今回の合意の条件で、最もサービスが行き届いていない地域を優先し、各ビルや公営住宅、市住宅局の建物に光ケーブルサービスが提供されることになると話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。