コロナ規制を無視 営業続けた経営者を逮捕<スタテンアイランド>

新型コロナウイルス感染防止を目的としたニューヨーク州・市の規制に違反して営業停止となった、スタテンアイランドのバーが、同店前の路上を「自治区」と宣言し、先月29日も営業を続けた。同日付ニューヨーク1が伝えた。

同区グラントシティーのバー「マックス・パブリックハウス」の経営者は、先月20日以降、州や市の公衆衛生上の規制には一切従わないと宣言。同店は規制違反で数千ドルの罰金が科され、酒類販売免許も失い、営業停止命令を受けたにもかかわらず、営業を続けた。

同店は、「ロックダウンは小規模事業者に負担を課す不要な措置である」と主張。同店のある地区は、屋内飲食を禁止するオレンジゾーンにあるが、先月29日には屋内飲食する人々が見られた。

地元メディアが同店を訪れた際、寄付を行う女性や、同店の主張に賛同する人々が他地区からも訪れていた。

今月1日には地元住人ら50人が平和的に抗議する中、経営者が行政の妨害を含む複数の罪で逮捕された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。