精神科医が薬物違法販売 おとり捜査を経て逮捕<マンハッタン>

ニューヨーク市検察当局は先月24日、マンハッタン区ミッドタウンで開業している精神科医の男とその助手が、医療的な正当性なしに中毒性のある薬物を違法販売し、現金を得ていた容疑で逮捕されたことを発表した。同日付パッチが伝えた。

東28ストリートで開業する同医師は、ブルックリン区のインターフェイス医療センターの教員も務めているが、NYPDによると、麻薬の違法販売は同センターとは関連がないという。NYPDは2019年夏、同医師のオフィス前で「薬物を求める活動」が増加しているという苦情を受け、捜査を開始。ニューヨーク市・州の麻薬取締各局が捜査に加わった。

今年1月、NYPDのおとり捜査官2人が患者のふりをして同医師の診療所を訪れ、同医師の診察を受けずにアンフェタミンなどの処方せんを入手した。捜査が進むにつれ、捜査官は同医師と直接接触するようになり、処方される薬物の量も増えたという。同医師は逮捕についてのコメントを控えた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。