禁酒法時代の酒ボトル カップルが家から66本発見<アップステート>

アップステートの小さな村に住むカップルが10月初旬、自宅の改装中に、禁酒法時代のウイスキーのボトル66本以上を壁の中と床下から発見した。先月26日付CNNが伝えた。

モンゴメリー郡アメスに位置する住宅は、悪名高い酒類密造者が100年以上前に建てたとの言い伝えがあった。カップルの1人で歴史保存の仕事を手掛けるニック・ドラモンドさんが改装と密造酒発見の様子を記録し、SNSに一連の投稿を始めたところ、広く拡散された。

ドラモンドさんが古い新聞などを調べたところ、同住宅は、多くのスキャンダルに関与していた地元の実力者でドイツ人のアドルフ・ハンプフナー伯爵が所有しており、伯爵は1932年に突然死したという。

ドラモンドさんとパートナーのパトリック・バッカーさんは発見したウイスキーについて、空の瓶は手元に置き、フルボトルは売る予定だが、1種類につき1本ずつ味見をするという。フルボトルの推定価格は、1本約1000ドル。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。