女性が白鳥を救助 診療所まで地下鉄で移動<クイーンズ>

クイーンズ区のジャマイカベイ野生生物保護区で5日、同保護区に訪れた女性が鉛中毒の白鳥を発見。友人や見知らぬ人の助けを借り、徒歩、車両、地下鉄を使って野生動物診療所まで連れて行き、救出した。12日付フォックス5ニューヨークが伝えた。

自身の誕生日を祝うために同保護区を訪れたアリエル・コルドバ=ロハスさん(30)は5日、水辺の草むらで身動きできない白鳥を発見。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ロハスさんは野生動物の識別と救助の訓練を受けており、マンハッタン区の野鳥基金診療所で5年勤務していた。

ロハスさんは17ポンドの白鳥を自分の上着にくるみ、保護区入り口までのおよそ1マイルを徒歩で、その後、車を持つ男女が白鳥とロハスさんを近くの地下鉄駅まで送った。診療所職員がブルックリンのノストランド駅まで迎えに行きき、診療所まで連れて行くのを手伝ったという。

白鳥は治療を受け、3週間から2カ月ほどで保護区に戻されるとロハスさんは話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。