女性が白鳥を救助 診療所まで地下鉄で移動<クイーンズ>

クイーンズ区のジャマイカベイ野生生物保護区で5日、同保護区に訪れた女性が鉛中毒の白鳥を発見。友人や見知らぬ人の助けを借り、徒歩、車両、地下鉄を使って野生動物診療所まで連れて行き、救出した。12日付フォックス5ニューヨークが伝えた。

自身の誕生日を祝うために同保護区を訪れたアリエル・コルドバ=ロハスさん(30)は5日、水辺の草むらで身動きできない白鳥を発見。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ロハスさんは野生動物の識別と救助の訓練を受けており、マンハッタン区の野鳥基金診療所で5年勤務していた。

ロハスさんは17ポンドの白鳥を自分の上着にくるみ、保護区入り口までのおよそ1マイルを徒歩で、その後、車を持つ男女が白鳥とロハスさんを近くの地下鉄駅まで送った。診療所職員がブルックリンのノストランド駅まで迎えに行きき、診療所まで連れて行くのを手伝ったという。

白鳥は治療を受け、3週間から2カ月ほどで保護区に戻されるとロハスさんは話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介