女性が白鳥を救助 診療所まで地下鉄で移動<クイーンズ>

クイーンズ区のジャマイカベイ野生生物保護区で5日、同保護区に訪れた女性が鉛中毒の白鳥を発見。友人や見知らぬ人の助けを借り、徒歩、車両、地下鉄を使って野生動物診療所まで連れて行き、救出した。12日付フォックス5ニューヨークが伝えた。

自身の誕生日を祝うために同保護区を訪れたアリエル・コルドバ=ロハスさん(30)は5日、水辺の草むらで身動きできない白鳥を発見。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ロハスさんは野生動物の識別と救助の訓練を受けており、マンハッタン区の野鳥基金診療所で5年勤務していた。

ロハスさんは17ポンドの白鳥を自分の上着にくるみ、保護区入り口までのおよそ1マイルを徒歩で、その後、車を持つ男女が白鳥とロハスさんを近くの地下鉄駅まで送った。診療所職員がブルックリンのノストランド駅まで迎えに行きき、診療所まで連れて行くのを手伝ったという。

白鳥は治療を受け、3週間から2カ月ほどで保護区に戻されるとロハスさんは話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。