19年目の追悼式 遺族の苦しみ続く <クイーンズ>

2001年11月12日にクイーンズ区ロッカウェーに墜落し、乗客・乗員合わせて260人が死亡したアメリカン航空機587便の事故の追悼式が19年後の同日に行われ、遺族やニューヨーク市のビル・デブラジオ市長が参列した。同日付amニューヨークが伝えた。

追悼式は、墜落現場近くに建てられた追悼碑のあるビーチ116ストリートで事故以来、毎年行われてきた。墜落機はJFK国際空港からドミニカ共和国に向かっていたところで、乗客の多くは、ブロンクス区とアッパーマンハッタン在住のドミニカ共和国コミュニティーの住民だった。

追悼式では、飛行機が墜落した午前9時15分ちょうどに鐘が鳴らされ、黙とうが行われた。同市長は、ドミニカ共和国のエリージョ・ジャケス総領事を伴って追悼の辞を述べた。

同墜落事故は米同時多発テロから約7週間後に発生し、ワールドトレードセンターの跡地で作業を行っていた消防士などの緊急対応要員が現場に急行し、対応を行った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。