2022年からレジ袋使用禁止に 紙&ビニール袋・プラ容器も<ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は4日、プラスチック製および紙製の使い捨てレジ袋と、発砲スチロール製の使い捨て食品容器・カップの使用を禁止する法案に署名した。5日付FOXニューヨークが伝えた。

同知事は声明で、「プラスチック製レジ袋は最も問題とされているごみの一つで、毎年何百万もの袋が埋立地、川、海に流れ込んでいる」と指摘。「プラスチック汚染の問題に取り組む同法案は、気候変動の緩和や、将来の世代のための環境強化に貢献していくだろう」と述べた。

同法案は今年9月に可決されたもので、施行は2022年5月から。

一部の製品は24年まで禁止の対象外となる。これには、長柄のポリスチレン製スプーン、60ミリリットル以下のカップ、肉や魚の容器、製造業者が事前に包装した食品、州規制当局が必要と判断した発泡スチロール製品目などが含まれる。使い捨てプラスチック製ストローは、21年11月から、要望に応じてのみ使用可能となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。