コロナで早期釈放 2000人以上の囚人が対象<ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は4日、刑務所内での新型コロナウイルス感染を防ぐため、州内全域で2000人以上の受刑者の早期釈放を許可する法案に署名した。5日付CBSニューヨークが伝えた。

当日、州刑務所から釈放された受刑者らは、ニューアーク市のペン駅からトレントン市のトランジットセンターまでの主な乗り継ぎ駅に降ろされた。ニューアーク市のノーザン州立刑務所では、受刑者の釈放を待つ車が何時間も待機していた。

矯正局によると、釈放された受刑者のうち11人は新型コロナ陽性者で、彼らは個別の送迎を受けているという。

同州トレントン市のリード・グシオラ市長は、釈放の情報は被害者のみに限って伝えられたと言い、「公共の安全が第一。180人もの市民がトレントンに戻ることになる。彼らが自分の足で立ち直れるように支援したい」と語った。

同知事が署名した法案は最大で8カ月の刑期を短縮し、殺人罪、加重性暴行罪、強迫性犯罪を繰り返す犯罪者は除外される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。