市が販売店を支援 街頭販売が可能に<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は先月28日、ホリデーシーズンに向け「オープン・ストアフロント・プログラム」を発表した。オープンレストランのプログラムと類似し、縁石や歩道にテーブルを設置することができる。4日付PIX11が伝えた。

店舗の所有者は無料で市に登録し、店先の前に販売エリアを設置することができる。11月の第一週の時点ですでに380店舗が登録。各店舗は今月6日から12月31日まで、路上販売を開始することができる。

市運輸局のマーガレット・フォージオーネ副局長は、「歩道が妨げられないように、各店舗が8フィートの小道を維持する必要がある」と述べている。しかし、グリニッジビレッジ、トライベッカ、ソーホーでは歩道の確保が難しいという声も上がっている。

同市長は「地元を支援する絶好の機会。オンラインのすばらしい商品販売に感謝しているが、地元の商売の売り上げを倍増することで、彼らが生き残れるよう支援しよう」と、地元での買い物を推奨した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。