市が販売店を支援 街頭販売が可能に<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は先月28日、ホリデーシーズンに向け「オープン・ストアフロント・プログラム」を発表した。オープンレストランのプログラムと類似し、縁石や歩道にテーブルを設置することができる。4日付PIX11が伝えた。

店舗の所有者は無料で市に登録し、店先の前に販売エリアを設置することができる。11月の第一週の時点ですでに380店舗が登録。各店舗は今月6日から12月31日まで、路上販売を開始することができる。

市運輸局のマーガレット・フォージオーネ副局長は、「歩道が妨げられないように、各店舗が8フィートの小道を維持する必要がある」と述べている。しかし、グリニッジビレッジ、トライベッカ、ソーホーでは歩道の確保が難しいという声も上がっている。

同市長は「地元を支援する絶好の機会。オンラインのすばらしい商品販売に感謝しているが、地元の商売の売り上げを倍増することで、彼らが生き残れるよう支援しよう」と、地元での買い物を推奨した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。