マリファナ合法化が成立 有権者多数で法案可決<ニュージャージー>

ニュージャージー州の多数の有権者は3日、21歳以上の成人に、娯楽のマリファナ(大麻)の販売・使用を合法化する州憲法の改正に賛成した。4日付CBSニューヨークが伝えた。

合法化に有権者の67%が賛成投票したため、州議会は業界の基準を確立し、収益の配分を制定。法案を作成している州上院のニコラス・スクタリ議員によると、同州のマリファナ課税率は7%未満で、国内で最も低い税率になる見込みだという。さらに2%の地方税が認められる。

娯楽用マリファナは、2021年1月に販売が許可される予定。すでに医療市場に出回っているものは最も早く一般消費者に販売許可される。

ただし、合法化への反発もあり、同州の70以上の自治体が販売所を許可しない協定に署名している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。