有権者にクッキー配布 有名俳優の心温まる行動<ブルックリン>

先月29日朝、映画「アントマン」などで知られる、俳優のポール・ラッド(51)は、ブルックリン区バークレイズセンターの大統領選投票所で、期日前投票に訪れた有権者たちにクッキーを配った。同日付CNNが伝えた。

野球帽とマスクで顔を隠したラッドさんは、雨の中で投票の順番を待つ人々の横に立ち、投票を終えた有権者に対して感謝しながら、ブルーベリーとクリームのクッキーを配った。

ラッドさんが自身の知名度を利用して社会的貢献をしたのはこれが初めてではない。9月には、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事により、新型コロナ感染拡大を防ぐためにマスク着用を呼び掛ける公共広告にも起用された。

CNN、エジソン・リサーチ、キャタリストが全米50州とワシントンDCの選挙管理当局に対して行った調査によると、先月28日の時点で、有権者登録を行った有権者の3分の1以上に当たる7500万人超がすでに投票しており、かつてないほど高い早期投票率となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。