今年の予防接種率が増加 市保健局が報告<マンハッタン>

生局の発表によると、昨年と比較してインフルエンザの予防接種を受けた市民が37%増加していることが分かった。先月28日付amニューヨークが伝えた。

同局は今年7月1日〜10月24日までのインフルエンザ予防接種に関する予備データを発表。昨年は51万7676人の成人が予防接種を受けたが、今年は70万6670人が受けている。また、生後6カ月〜18歳までの未成年は、昨年比較で10万5881人増加。今年予防接種を受けた市民は、計121万人を超えている。

同局によると毎年、季節性インフルエンザとその合併症として発症する肺炎で2000人以上が死亡しおり、新型コロナを防ぐことはできないが、リスクを減らすことが可能。特に50歳以上の人、妊娠中の女性、基礎疾患を持つ人、生後6カ月〜5歳までの児童などが接種することを推奨している。ワクチンは地域の保健センター、診療所、薬局などで接種が可能だ

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。