強風でクレーン旋回 通行止めもけが人なし<マンハッタン>

先月29日夜、マンハッタン区ミッドタウンで建設中の高層ビル最上階近くに設置されていたクレーンが強風で旋回し、がれきが落下してきたため、周辺4ブロックが閉鎖された。同30日付NBCニューヨークが伝えた。

クレーンは、6アベニュー付近の西57ストリートにある、完成間近の85階建て高級コンドミニアムの最上階近くに設置されている。

FDNYは同日夜7時前、がれきが落下しているとの通報を受け現場に向かったが、強風と霧のため視界が悪く、クレーンを確認することができなかった。市建設局は、安全上の懸念から、事故現場の建設作業の中止を命じた。道路封鎖が解除される時期は不明。

市当局は、クレーンが落下する心配は全くないが、がれきの落下が懸念されると述べた。最上階近くからのがれきがクレーン底部の索具に当たり、火花を発しているのが目撃され、金属とみられる複数の破片が閉鎖された路上から見つかっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。