ニュージャージー州 娯楽目的のマリファナ使用、合法化へ

11月3日、ニュージャージー州の有権者は大麻を合法化するための憲法改正を承認した。これにより、娯楽目的のマリファナ販売が合法化される。同日付けBloombergが伝えた。

同州上院議員のNicholas Scutari氏は、「州議会は11月末までに法律を成立させる意向で、法律は大麻に6.6%の消費税を課し、地方自治体が最大2%の追加課税を掛けられるようにする予定」だと話した。

同州の立法サービス局の財政見積もりによると、娯楽目的でのマリファナ使用を合法化すると、同州で19億ドルの売り上げが発生し、1億2600万ドル近くの消費税収入が発生する可能性があるという。なお同州では、医療用マリファナが2010年から合法となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。