米大統領選 52の投票所で通訳サービスを拡大

11月2日付けのamニューヨークによると、市は52の投票所で追加の通訳を配置し、アラビア語、ウルドゥー語、ベンガル語、中国語、ハイチ語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ロシア語、イディッシュ語スピーカーの支援ができるようにする発表した。

Civic Engagement Chair and Executive Directorのサラ・サイード氏は、「言語は市民参加の障壁となるべきではありません」と述べた。

追加の通訳者は主にブルックリンの投票所を担当すると発表しているが、どの投票所が対応できるか詳しくは、866-VOTE-NYCに電話で確認が可能となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。