米大統領選 52の投票所で通訳サービスを拡大

11月2日付けのamニューヨークによると、市は52の投票所で追加の通訳を配置し、アラビア語、ウルドゥー語、ベンガル語、中国語、ハイチ語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ロシア語、イディッシュ語スピーカーの支援ができるようにする発表した。

Civic Engagement Chair and Executive Directorのサラ・サイード氏は、「言語は市民参加の障壁となるべきではありません」と述べた。

追加の通訳者は主にブルックリンの投票所を担当すると発表しているが、どの投票所が対応できるか詳しくは、866-VOTE-NYCに電話で確認が可能となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。