奴隷解放日が公の祝日に 州知事が署名<オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は14日、米国の奴隷解放記念日である6月19日「ジューンティーンス」を公式に同州の祝日とする法案に署名した。15日付FOX5ニューヨークが伝えた。

同知事は、「新しい祝日は黒人コミュニティーの功績を認識し、現在の社会が直面している制度的不正を反省するための機会だ」と述べた。

同知事は今年のジューンティーンスを州の公務員の有給休暇とする行政命令にすでに署名。7月に州議会で、州の祝日にする法案が可決されていた。

1863年1月、リンカーン大統領は奴隷解放宣言に署名。だがその事実が全米に伝わるまで2年以上かかった。最後に奴隷制度廃止を知ったのはテキサス州ガルベストンで、65年6月19日、連邦軍が奴隷となっていた人々に自由の身となったことを伝え、これを受け奴隷解放記念日とされてきた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!