聴覚障害者を支援 市が透明マスクを配布<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は15日、聴覚障害者への支援のために、10万枚を超える透明のフェースマスクを配布する予定を発表した。同日付amニューヨークが伝えた。

市内で配布予定の透明なプラスチック製のフェースマスクのうち、およそ2万5000枚を衣料品ブランドの「ユニクロ」が寄付した。

市庁舎の広報によると、5000枚のマスクは聴覚障害者の支援活動をしている17団体に配布。また、9万5000枚のマスクが聴覚障害者や難聴者、言語療法や心理療法を必要としている75学区の学生に配布されるという。

その他、同市は医薬品のペリゴから消毒剤およそ7万本、ファミン財団から使い捨てマスク20万枚、コミッティー・オブ100からKN25呼吸器5万器などを含め、複数企業・団体からの寄付を受けており、配布準備を行っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。