コロナ禍の誕生日会「密」で罰金1万2000ドル<ロングアイランド>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は14日、サフォーク郡で9月に16歳の誕生日会を開催し、少なくとも37件の新たなコロナ感染者を出した会場に、州の罰則を科したと発表した。罰金額は1万2000ドルとされる。同日付NBCニューヨークが伝えた。

9月25日、サフォーク郡ミラー・プレース・インで開催された誕生日会では、学生49人と保護者32人の計81人が参加。コロナ感染が認められた37人のうち29人は、直接誕生会に参加していた。7人の感染が参加者の家族接触者と判明、また1人は参加者の親しい接触者と判明した。

サフォーク郡のスティーブ・ベローネ行政官によると、現在までに保健当局は334人の接触者を特定している。接触者のうち270人は隔離され、11人は自主的に隔離している。

ミラー・プレース・インの支配人のクリストファー・レジーナ氏は、「州のガイドラインの明確化が不足していた」と述べ、「公衆衛生法に違反したことに気付かなかった」と話している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。