コロナ禍の誕生日会「密」で罰金1万2000ドル<ロングアイランド>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は14日、サフォーク郡で9月に16歳の誕生日会を開催し、少なくとも37件の新たなコロナ感染者を出した会場に、州の罰則を科したと発表した。罰金額は1万2000ドルとされる。同日付NBCニューヨークが伝えた。

9月25日、サフォーク郡ミラー・プレース・インで開催された誕生日会では、学生49人と保護者32人の計81人が参加。コロナ感染が認められた37人のうち29人は、直接誕生会に参加していた。7人の感染が参加者の家族接触者と判明、また1人は参加者の親しい接触者と判明した。

サフォーク郡のスティーブ・ベローネ行政官によると、現在までに保健当局は334人の接触者を特定している。接触者のうち270人は隔離され、11人は自主的に隔離している。

ミラー・プレース・インの支配人のクリストファー・レジーナ氏は、「州のガイドラインの明確化が不足していた」と述べ、「公衆衛生法に違反したことに気付かなかった」と話している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。