屋外飲食が延長へ 暖房設備に3つの選択肢<マンハッタン>

ニューヨーク市議会は15日、飲食店の屋外営業プログラム「オープン・レストランツ」を来年まで延長し、冬季の暖房設備の使用を許可する、同プログラムの新たなガイドラインを承認した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

デブラシオ市長は同日、暖房設備の使用について詳細を発表。設備には、歩道・道路の暖房のための電気反射ヒーター、歩道用の天然ガス反射ヒーター、プロパンガス小型ヒーターの3種の選択肢があり、プロパンヒーター使用については、FDNYの許可が必要。

同市長は、「新ガイドラインは飲食店の客と従業員、歩行者の安全と健康を守るためのもので、年間を通して市民が屋外飲食を楽しむ機会が増えることを期待している」と述べ、「この危機からの継続的な回復を支援できることを誇りに思う」と語った。

暖房設備の使用・保管については、火災を防ぐために多くの規制が設けられており、FDNYと市建築局は、適切な安全ガイドラインの順守を確実にする一方で、暖房設備設置の認可手続きの合理化に取り組んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。