家具店で火事 5人が犠牲に<ニュージャージー>

ニュージャージー州ユニオン郡エリザベスで13日朝、3人の子どもを含む4人が死亡した家具店の火災の罹災(りさい)者が死亡し、5人目の犠牲者となった。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

今月5日夕方、同市の商業ビルの1階のソーダマシンから出火し、炎が瞬く間に広がった。2階の家具店で逃げ場を失った4人が現場で犠牲となった。

最年少の犠牲者ダニエラ・マルケスちゃん(8)は5日、火災現場で発見された。姉のパオラちゃん(10)、友人のエリザベス・コレアスちゃん(11)、そしてカンジダ・マルティネス・デル・レイエスさんと特定された女性らが、翌日6日朝に、がれきの下から発見された。犠牲者全員が、改造されて鍵が掛かった扉の近くで発見された。

死亡したダニエラちゃんとパオラちゃんの母親、マーリン・バスケスさんは重症だったが、火災から1週間後の13日、死亡した。

当局によると、建物はブルックリン区のオーケー・ロジャー・リアルティーが所有しており、鍵が掛かって封鎖された避難経路について、調査を進めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。