検事が取り締まり強化へ 犯罪増加の抑制戦略を発表<ブルックリン>

ブルックリン区のセス・デュチャーム連邦検事長代行は14日、ニューヨーク市内の銃犯罪急増を受け、銃器と麻薬の取り締まりを新たに優先課題とし、ニューヨーク州が定めるよりも厳格な罰則を適応していく方針だと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同検事長代行は、重犯罪急増の原因をコロナ禍とBLM抗議運動、社会不安にあるとし、連邦検事10数人超で「地域社会の保護的仕組み」の再生を目指して、不法銃器所持者に対する刑罰を厳格化。さらに、同検事局の上級検事チームは、暴力犯罪取り締まりの強化を他問題より優先させることに同意した。

警察によると、今月11日までの市内の銃犯罪は昨年より大幅に増え、銃による死者は354人と昨年同時期よりも90人多い。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。