検事が取り締まり強化へ 犯罪増加の抑制戦略を発表<ブルックリン>

ブルックリン区のセス・デュチャーム連邦検事長代行は14日、ニューヨーク市内の銃犯罪急増を受け、銃器と麻薬の取り締まりを新たに優先課題とし、ニューヨーク州が定めるよりも厳格な罰則を適応していく方針だと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同検事長代行は、重犯罪急増の原因をコロナ禍とBLM抗議運動、社会不安にあるとし、連邦検事10数人超で「地域社会の保護的仕組み」の再生を目指して、不法銃器所持者に対する刑罰を厳格化。さらに、同検事局の上級検事チームは、暴力犯罪取り締まりの強化を他問題より優先させることに同意した。

警察によると、今月11日までの市内の銃犯罪は昨年より大幅に増え、銃による死者は354人と昨年同時期よりも90人多い。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。