検事が取り締まり強化へ 犯罪増加の抑制戦略を発表<ブルックリン>

ブルックリン区のセス・デュチャーム連邦検事長代行は14日、ニューヨーク市内の銃犯罪急増を受け、銃器と麻薬の取り締まりを新たに優先課題とし、ニューヨーク州が定めるよりも厳格な罰則を適応していく方針だと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同検事長代行は、重犯罪急増の原因をコロナ禍とBLM抗議運動、社会不安にあるとし、連邦検事10数人超で「地域社会の保護的仕組み」の再生を目指して、不法銃器所持者に対する刑罰を厳格化。さらに、同検事局の上級検事チームは、暴力犯罪取り締まりの強化を他問題より優先させることに同意した。

警察によると、今月11日までの市内の銃犯罪は昨年より大幅に増え、銃による死者は354人と昨年同時期よりも90人多い。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。