プラ製レジ袋を使用禁止 州内で19日から開始 <オールバニ>

ニューヨーク州では19日から、使い捨てのプラスチック製レジ袋の使用を禁止する法律が施行された。昨年4月に成立した法律だが、訴訟のため実施が大幅に遅れていた。同日付PIX11が伝えた。

法律の施行を受け、州内の店舗では使い捨てプラ製レジ袋の使用が禁止となり、市・郡など地方自治体は紙袋1枚につき5セントを徴収できる。徴収された5セントは地方自治体と州の環境保護基金へと充てられる。処方薬を入れる袋や生鮮食品用の袋などは除外となっている。

法律の施行は当初、今年3月1日だったが、プラ製レジ袋の製造業者が訴訟を起こしたことと、新型コロナウイルス感染拡大から、エコバッグの衛生が懸念されたため、実施が遅れていた。州環境保護局は、法律施行を受け、清潔を維持しながらのエコバッグ使用をあらためて呼び掛けた。

ニューヨーク州では年に推定230億枚のプラ製レジ袋が使用され、河川や街路、埋立地に大量に流出・投棄されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!