NYPD警官を身柄拘束、中国のスパイ容疑で<マンハッタン>

米連邦判事は7日、中国政府に情報を提供したスパイ容疑で、先月逮捕・起訴されたNYPDの警察官バイマダジ・アンワン容疑者(33)の身柄を、裁判まで拘束するとの判断を下した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同容疑者は、中国政府のための工作活動、通信詐欺、虚偽申請などの罪に問われている。有罪となった場合は最高55年の懲役が科せられるため、逃亡する危険性が高いと判断された同容疑者は、ブルックリン区のメトロポリタン拘置センターで、裁判まで身柄を引き続き拘束されることとなった。

同容疑者はチベット出身で、米国籍を取得した後に米海兵隊と陸軍予備役を務めた。2016年からはNYPDに移り、クイーンズ区11管区で巡査を務めていた。12年から、米国内のチベット独立運動抑制を目的に、中国代理として運動支持者らの動向を探っていたとみられている。

最近では、中国の在ニューヨーク総領事館職員と秘密裏に接触していたとされている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。