選挙投票郵便を廃棄 郵便局員を逮捕<ニュージャージー>

ニュージャージー州ハドソン郡で米国郵政公社(USPS)の配達員が、郵便物を廃棄したとして逮捕された。郵便物には郡選挙管理委員会がエセックス郡ウェストオレンジの住民に送付した、総選挙の投票用紙99枚が含まれていた。7日付NBCニューヨークが伝えた。

ニコラス・ボーシェン被告(26)は、郵便物の遅延、秘匿または留置の1訴因、郵便の妨害の1訴因で起訴されている。郵便物の遅延罪は最高で5年の懲役および25万ドルの罰金、また郵便の妨害罪は最高6カ月の懲役および5000ドルの罰金で処罰される。

起訴状によると、廃棄されたファーストクラス627通、スタンダードクラス873通、内容証明郵便2通、ウェストオレンジ住民向けの総選挙投票用紙99通、町議会および教育委員会投票に向けた候補者からのキャンペーンチラシ276通の、合計で1875通。

ノースアーリントンとウェストオレンジのゴミ容器から回収され、投票用紙とキャンペーンチラシの配達先は、民主党支持者が多い地域だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。