選挙投票郵便を廃棄 郵便局員を逮捕<ニュージャージー>

ニュージャージー州ハドソン郡で米国郵政公社(USPS)の配達員が、郵便物を廃棄したとして逮捕された。郵便物には郡選挙管理委員会がエセックス郡ウェストオレンジの住民に送付した、総選挙の投票用紙99枚が含まれていた。7日付NBCニューヨークが伝えた。

ニコラス・ボーシェン被告(26)は、郵便物の遅延、秘匿または留置の1訴因、郵便の妨害の1訴因で起訴されている。郵便物の遅延罪は最高で5年の懲役および25万ドルの罰金、また郵便の妨害罪は最高6カ月の懲役および5000ドルの罰金で処罰される。

起訴状によると、廃棄されたファーストクラス627通、スタンダードクラス873通、内容証明郵便2通、ウェストオレンジ住民向けの総選挙投票用紙99通、町議会および教育委員会投票に向けた候補者からのキャンペーンチラシ276通の、合計で1875通。

ノースアーリントンとウェストオレンジのゴミ容器から回収され、投票用紙とキャンペーンチラシの配達先は、民主党支持者が多い地域だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。