心臓発作で男性死亡 強盗容疑者と争った後<マンハッタン>

マンハッタン区ハーレムで8日、路上でのけんかの後に露天商の男性が心停止状態になり死亡し、けんかの相手が逮捕された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

目撃者によると、フレデリック・ダグラス・ブルバード2346番地付近で6日午後4時過ぎ、露天商を商うウィリアム・ウェルカムさん(77)が帽子を盗まれたと主張。クアネル・ジャクソン容疑者とデリの外で言い争いとなった。

ジャクソン容疑者がウェルカムさんを道路に突き倒し、およそ2分後に起き上がったウェルカムさんと同容疑者がけんかを始めそうになったため、デリの従業員らが仲裁に入った。

ジャクソン容疑者がその場を立ち去った後、スタンドに戻ったウェルカムさんは、20分後に路上で倒れたという。

ウェルカムさんは病院に運ばれ、死亡が確認された。ジャクソン容疑者は8日、強盗の容疑で逮捕された。ウェルカムさんの姉は、「心を痛めているので、カメラに向かうと泣き崩れるかもしれない」と、メディアへのコメントを避けた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。