マスク論争で死亡 過失致死容疑で男を拘束<アップステート>

ニューヨーク州エリー郡で5日、マスク着用をめぐる口論から80歳の男性を死亡させたとされる男が過失致死容疑で身柄を拘束された。マスク着用をめぐる過失致死事件として米国初の事例となる。6日付ABC7ニューヨークが伝えた。

ドナルド・レウインスキ被告(65)は先月26日、同郡ウェストセネカのバーで、マスクを着用していないことを別の常連であるロッコ・サピエンザ(80)さんから指摘されて口論になった。被告は、立ち向かってきたサピエンザさんを両手で強く押したため、サピエンザさんは倒れて頭を打った。

サピエンザさんは病院に搬送され、4日間の無反応状態の後、先月30日に死亡。死因は頭部への鈍器外傷と断定された。事件が起きたバーの所有者によると、サピエンザさんは同店の常連として皆に愛されていた。常連はその死を悼み、遺族にお悔やみを述べた声明を発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。