黒人女性が市長選立候補 デブラシオ市長との違いアピール<ブルックリン>

ビル・デブラシオ市長の元弁護士で、MSNBCの政治・法律アナリストとして全米で人気を集めたマヤ・ワイリー氏(56)が7日、来年のニューヨーク市長選挙に立候補すると表明した。同日付ニューヨークタイムズが伝えた。

同氏は立候補表明後、元上司である同市長から直ちに距離を置き、動画で「私たちの市は信頼の危機」にあるとして同市長を暗に批判。黒人女性である同氏は「私は従来の候補者とは違う」「約束を果たせない従来型候補を選出する余裕は現在の私たちにない」と訴え、有力候補のスコット・ストリンガー市会計監査官やブルックリンのエリック・アダムス区長との違いを強調。同氏は人種間の平等、教育格差解消などを打ち出していく見込み。8日、ブルックリン美術館前で選挙運動を開始した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。