黒人女性が市長選立候補 デブラシオ市長との違いアピール<ブルックリン>

ビル・デブラシオ市長の元弁護士で、MSNBCの政治・法律アナリストとして全米で人気を集めたマヤ・ワイリー氏(56)が7日、来年のニューヨーク市長選挙に立候補すると表明した。同日付ニューヨークタイムズが伝えた。

同氏は立候補表明後、元上司である同市長から直ちに距離を置き、動画で「私たちの市は信頼の危機」にあるとして同市長を暗に批判。黒人女性である同氏は「私は従来の候補者とは違う」「約束を果たせない従来型候補を選出する余裕は現在の私たちにない」と訴え、有力候補のスコット・ストリンガー市会計監査官やブルックリンのエリック・アダムス区長との違いを強調。同氏は人種間の平等、教育格差解消などを打ち出していく見込み。8日、ブルックリン美術館前で選挙運動を開始した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。