女性受賞は16人目 ノーベル文学賞受賞<コネティカット>

8日、アメリカの詩人、ルイーズ・グルック氏(77)が今年のノーベル文学賞を受賞した。家庭生活の喪失とトラウマを冷徹に、そして痛烈なユーモアを交えてみせる「率直で妥協のない」同氏の作品が評価された。同日付パッチが伝えた。

同氏は112年の歴史の中で、数少ないアメリカ詩人受賞者の仲間入りを果たした。前回は2016年にボブ・ディランが受賞している。また、女性としては16人目の文学賞受賞者となった。

ハンガリー系ユダヤ人家庭で育った同氏は、「10代のころに拒食症と戦い、治療を受けたことが文章に影響を与えた」と話す。

1968年に『ファースト・ボーン』でデビューし、詩人として高く評価された。93年に『ワイルド・アイリス』でピューリッツァー賞を受賞、2014年に『フェイスフル・アンド・ヴァーチュロス・ナイト』で全米図書賞を受賞している。

ニューヨーク生まれの同氏は現在、コネティカットにあるイェール大学の教授を務めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。