女性受賞は16人目 ノーベル文学賞受賞<コネティカット>

8日、アメリカの詩人、ルイーズ・グルック氏(77)が今年のノーベル文学賞を受賞した。家庭生活の喪失とトラウマを冷徹に、そして痛烈なユーモアを交えてみせる「率直で妥協のない」同氏の作品が評価された。同日付パッチが伝えた。

同氏は112年の歴史の中で、数少ないアメリカ詩人受賞者の仲間入りを果たした。前回は2016年にボブ・ディランが受賞している。また、女性としては16人目の文学賞受賞者となった。

ハンガリー系ユダヤ人家庭で育った同氏は、「10代のころに拒食症と戦い、治療を受けたことが文章に影響を与えた」と話す。

1968年に『ファースト・ボーン』でデビューし、詩人として高く評価された。93年に『ワイルド・アイリス』でピューリッツァー賞を受賞、2014年に『フェイスフル・アンド・ヴァーチュロス・ナイト』で全米図書賞を受賞している。

ニューヨーク生まれの同氏は現在、コネティカットにあるイェール大学の教授を務めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!