大統領の主張を却下 納税申告書の開示問題<マンハッタン>

ニューヨーク州検察当局がトランプ大統領とその事業について進めている犯罪捜査の過程で、過去8年間の納税申告書の開示を求めた訴訟の差し戻し審について、ニューヨークの連邦巡回控訴裁判所は7日、改めて同大統領側に提出を命じた。同日付amニューヨークが伝えた。

マンハッタン区の同裁判所は、納税申告書の開示は検察が悪意ある嫌がらせを試みたものだというトランプ大統領の主張を退けた。大統領側は上訴の意向を示している。上訴された場合は開示が延期されるため、11月3日(火)の大統領選前の開示は難しい見込み。同裁判所の判事3人全員は民主党の大統領により指名された。

ニューヨークタイムズ紙は先月28日、トランプ大統領が2016年と17年に納めた連邦所得税はそれぞれ750ドルで、その前の10年間は全く納めていなかったと報じた。トランプ大統領側はこの報道を否定。同大統領は前任の大統領6人と異なり、納税申告書の開示に抵抗してきた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。